SKE48 19th Single「チキンLINE」2016.3.30 on sale!

SKE48 19th Single「チキンLINE」2016.3.30 on sale!

SKE48 19th Single「チキンLINE」2016.3.30 on sale!

チキンLINEってどんな曲?

東李苑

東李苑このご時勢SNSで何事も済ませようとしているけど、それだけじゃダメなんだぞっていう、相手の目を直接見て伝えることを大切にしている曲だと思います。テレビ初披露のミュージックジャパンでもそうだったんですけど、歌番組で抜かれた時、なぜかわからないけどドヤ顔で歌ってしまうんですよ。歌番組の時は私の表情にも注目してください。ミュージックビデオでは、監督さんの合図で倒れていくシーンがあるんですけど、そこは膝をすりむくくらい全力でやりました。短いシーンですがそこはぜひ見て欲しいです。

大矢真那

大矢真那とにかく私達の世代はLINEで済ませる事が多いんですが、LINEが全部ダメじゃないけど、大事なことはメールとかLINEじゃなくて直接言ってくれっていう曲です。
しっかり物語があるミュージックビデオは珍しいですね。私はしゃべるより無表情の演技のほうが向いているんですよ。今回も「あ、なかなか表現出来ているな」と思いましたね。喋ると普段からこういう感じだから演技してても演技に見えない(笑)。ミュージックビデオはセリフがないからいいですよね。今回の曲はイントロから勢いがあるのでサビで盛り上がると言うんじゃなくてイントロが流れた瞬間からサイリウムをブンブンふって欲しいです。

北川綾巴

北川綾巴好きな人に直接素直に気持ちを伝えることの大切さを歌った曲です。ミュージックビデオのダンスシーンではサイドポニーテールをしてるので、その珍しい髪型に注目して欲しいです。ミュージックビデオはドラマ仕立てで、シングルでは初めての演技経験でした。世界を変えようとする女の子が珠理奈さんで、変えた女の子が綾巴、そんな感じです。うん、北川、世界を変えましたよ(笑)。演技は苦手なんですけど、なりきってやってみたので注目してください。全部CGで撮影はブルーバックでやったので、なかなかシュールでしたけど。

二村春香

二村春香この曲に出てくる女の子の主人公はすごく攻めの恋をしていますよね。すごい自信があるのかな?保険をかけてちゃ恋にならないとかすごく強気な女の子の曲だなと思いました。
この曲で選抜に復帰しました。端のポジションかなと思ってたんですけど、3列目の真ん中で。でもそれよりジャケットの真ん中に載れたことがすごくうれしかったです。凄くセクシーなポーズに挑戦しているんですよ。ファンの方からも好評で、自分のできることの幅が広がって嬉しいく思ってます。

松井珠理奈

松井珠理奈現代だから歌える曲だなって思いました。LINEがタイトルになっているのもそうだし、この曲の中に出てくるLINEで告白っていうのも実際に若い世代の中では普通だと思うんですよ。そういう意味でも今だからこそ歌える曲ですよね。ミュージックビデオは、会話やコミュニケーションをしてはいけない世界を変えるために私がやってくるという内容なんですけど、世界を変えるためにというのがSKE48をもっともっと良くするために自分にできることをやろうと兼任を解除した自分の気持ちとリンクしているなと思いました。看守の人に押された時に、怒った顔をするんですけど、普段絶対にしない顔なので、そういところも見て欲しいですね。

江籠裕奈

江籠裕奈タイトルを見た時に"曲名にLINEが使われる時代になったんだ"っていうのにびっくりしました。現代的だなって思う歌詞がありその部分では若い世代の方にも共感してもらえやすい曲だと思うので、たくさんの方に聞いて欲しいです。今回は衣装がみんな黒で、それもSKE48では新しいなと思いました。衣装はメンバーの個性に合わせているんですけど、私のはいつも可愛く仕上げてくださって、みんなはかっこいいんですけど私だけフリフリしてて、みんなに「ピアノの発表会みたいだね」って言われました。かっこいい表情で決めているけど、衣装が可愛いところも見て欲しいと思います(笑)。

大場美奈

大場美奈ここ最近の私達の日常的な当たり前のことを改めて訂正されている曲って感じですね。
それこそ全世界がLINEに頼って生きている時代だからこそ歌える2016年ならではの曲です。LINEを活用している人たちには、LINEの言葉がこんなに入っているという楽しみも持ってもらえるかなと思います。私がSKE48に移籍してからこんなダンスナンバーをシングルでやるのは初めてですね。SKE48はダンス曲でも元気で明るくてキャピキャピしてるっていうイメージが強かったんですけど、今回はクールにかっこ良く決めてます。そんな新しいSKE48をダンスを通じてみて欲しいと思います。

惣田紗莉渚

惣田紗莉渚いまどきの子はLINEで何でも言えちゃうけど、直接会って気持ちを伝えることの大切さを歌ったメッセージ性の強い曲だと思います。ミュージックビデオは今まで私が選抜で入っていた曲とは違っていて、異次元の世界が描かれていて、すごく見ていて入り込める世界観があります。私はみんなが白い服を着て捕らえられているところへ珠理奈さんが来て歌い出し、みんなも続いて歌い始めるシーンが大好きです。今回ダンスが激しいのに加えて、みんなポーズがちょっとずつ違うので、個性が出ているんじゃないかなと思います。私は手とか伸ばして綺麗にかっこ良く見えるようにがんばりました。2サビで1回転ターンをするシーンが有るんですが、ターンが得意なのでそこに注目して欲しいと思います。

高柳明音

高柳明音最初に言っておくとチキンLINEのチキンは食べる方じゃなくて臆病者のチキンですから(笑)。この曲はイマドキなLINEをテーマにしてますが、自分と照らしあわせて見たら、自分の学生時代にはLINEがなかったことに気づきまして、時代は変わったなと改めて思わされました。ここ最近のSKE48って笑顔の曲が多かったので、単純にクールな表情の真っ黒な衣装のSKE48っていうのは今までになかったので、シンプルに今までにないSKE48の見せ方を皆さんに楽しんでいただきたいと思います。初めてショートカットにしたんですが、髪を切った次の日にミュージックビデオを撮ったんですよ。曲を聞かないで切ったのですが、ホント、かっこいい系の曲でよかったです。

古畑奈和

古畑奈和ちょっと内気な男の子に対する気持ちを歌った曲でもあるけど、読み取り方を変えたら、恋愛だけじゃなくて気持ちははっきり言葉にしないと届かないというか、それが大切なんだということを気付かせてもらえる曲だなと思います。
ダンスはとにかく激しいんですよ。SKE48に激しい感じの曲が来るのはうれしいなって思います。
歌詞に出てくる女の子みたいな女性の強さと女性らしさをダンスでも表現できたらいいなと思って。はっきり踊るところははっきり踊ったり、でも女性らしさを出すところはしなやかな振付になっていますのでそのメリハリに注目して欲しいと思います。

木本花音

木本花音アップテンポのかっこいい曲調なんですけど、恋心の入ったSKE48ぽい可愛い感じの歌詞になっていて、第一印象と歌詞を読んで聞くのと感想が違ってくる曲、ある意味いろいろな楽しみ方のできる曲だと思います。ジャケット写真ですが、みんなかっこよく決めているのに私だけ猫のポーズをしているんです。最初は「え?これで合ってるの?」って思ったんですが、「木本さんはこのポーズが指定です」って言われました。しかも角度とかめっちゃこだわって撮影しました。猫好き、猫のポーズ好きな方のニーズに答えられたかな?直前までキャラメルキャッツだったんですが、今回はビターキャッツだねって言われています。

熊崎晴香

熊崎晴香メッセージ性の強い曲だと思います。LINEで告白された女の子が、大切なことは目を見ていって欲しいっていうツンデレな可愛らしいところもあって共感できる曲だなと思いました。最近はLINEとかメールで告白とかいうのが多くなっているという話をまわりの友達から聞いたりしますが、これを聞いて"大切なことは直接言わないと"っていう感覚を取り戻してもらえたら、と思います。この曲のダンスはダイナミックでパワフルで切れがあって、本当にSKE48らしくなっています。とにかく激しくてすごく体力使うんですけど、SKE48ってダンスがすごいな、かっこいいなと改めて思っていただければと思います。

後藤楽々

後藤楽々今はLINEとかSNSで自分の気持を伝えることが多いんですけど、それはちょっと違って、直接人に伝えることを教えてくれる歌だと思います。私も大事なことをLINEで伝えたりしてたんですけど、直接相手に伝えることが大切だなということに改めて気付かされました。ミュージックビデオは、喋っちゃいけないという設定で表情だけで伝えなきゃいけないし、嬉しいとか悲しいとかじゃなくてその間を演じなければいけなかったのでそれが難しかったです。スタートして20秒位のところで、目薬をさすシーンがあるんですけど、そこに楽々の目が使われているので、そこにも注目してください。

柴田阿弥

柴田阿弥SKE48にとってひさしぶりのダンスナンバーになっています。最初歌詞を読んだ時は可愛い系かなと思ったんですけど、かっこいい曲にのって歌詞もすごくかっこいい感じに聞こえるようになりましたね。今までにない女の子目線の曲です。振付はとにかく早くて、難易度はそれ程でもないですけど、その速さについていくのが大変だったなっていう印象です。かっこいいから覚えたら逆に楽しくなりましたね。
ミュージックビデオはブルーバックで撮っていたので、監督さんから説明はあったんですが、どういう感じかがつかめなかったので苦労しました。CGが合成されたのを見て、すごくかっこいよく仕上がってて感動しました。

菅原茉椰

菅原茉椰『チキンLINE』に出てくる相手の人って恋愛に積極的になれない人って感じですよね。
今時の人はめっちゃスマホをいじっちゃうじゃないですか。菅原もその一人でLINEでばっかり話をしてしまうので、ちゃんと話すことを忘れないようにしないと思いました。歌詞は恋愛を扱ってますけど、恋愛だけに言えることじゃないなって思います。はじめて選抜に選んでもらってすごくうれしかったです。すごくかっこいい曲なので、いつもの菅原と違う菅原が見れると思います。ポンコツな菅原がかっこいいダンスを踊ってるので、これを見たファンの方が菅原が脱ポンコツできてるんじゃないかと思っていただけると信じてます。菅原の意外な一面をこのチキンLINEで知ってもらえたら嬉しいです。

須田亜香里

須田亜香里大事なことはLINEじゃなくて直接会って目を見て言って欲しいという曲で、それは恋愛にかぎらず、社会のすべてに言えることですよね。女の子には曲の主人公に共感してもらいたいし、男の子にはやっぱりそうだよな、直接合って言おうと自信を持ってもらえるような曲になって欲しいと思います。ミュージックビデオの撮影の時はまだ茶髪だったんですけど、この曲は黒髪のほうが絶対合うなと思って、曲の初披露の日までに髪を暗くして挑みました。この曲だからこその挑発的な表情もいま練習中なので今度またみなさんの前で歌披露する時までに習得したいなと思います。私が全力でアイドルを全うする瞬間を見てもらいたいですね。

谷真理佳

谷真理佳一言でわかりやく言うとLINEの曲ですね。臆病な男の子がLINEで告白するんだけど、ちゃんと直接告白しなさいよっていう曲になっています。でも私はLINE派ですね。直接言えないので、自分はSNSで気持ちを伝えちゃうタイプだと思ってましたが、この曲を歌ってみて直接伝えることの大切さが分かりました。。この曲はそれぞれのダンスが激しいのもそうなんですが、ポジションとかもすごく凝ってて、曲の中の移動もけっこう激しいので、ライブやテレビで見るときは谷の位置を目でおってくださいね。